So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

ヌッカ [料理]

食材といふものは、料理しなければいけない。
独身の人は自分でやったり、結婚してる人はお相手がやってくれたり、料理が苦手な人は外食したりする。
もしくは食材のままギャッブリと喰らう。

じゃあ独身で外食する金のないやつぁ、どうすればいいのかと言うと、ザックリと料理するしか無いのだ。
や、料理と言うより「何かしらこしらえてる」と言った方が良いだろう。

で、もって、基本生きていくには米があれば何とかなるのです。
今は5㎏のを最安の1190円で買って、一度に5.5合炊いて、1食分の大きさにラップで包んで小分けしたやつを冷凍庫へズバコンと投げつけるのだ!
料理.jpg
もうアレね、適当な材料を適当に切って適当に味付けしながら適当に炒めて、最後に麺つゆをかければ何とかなったりするのだ。
で、誰かに「う〜わ、何ソレ?」と聞かれたら「確かどこかしらの国の家庭料理だよ」と答えれば大丈夫です。


HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: コミック



コメント(0) 

父の日 2017

明日はどう考えても父の日だ。
いくら抗っていても父の日だ。

しかし母の日と比べると、どうしてもマイナー感が否めない、何かこう、思うに語呂が悪いのでは?
「ははのひ」「ちちのひ」どうしても「ははのひ」って方が言いやすいし語呂が良い、「ちちのひ」は、なんだか尖っている言い方というか角が立つと言うか‥‥。

で、閃いたんです、「ちちのひ」ではなく「パパのひ」にかえればアラ不思議、親しみが湧いてくるじゃないですか、メジャーじゃないですか。
父の日2017.jpg
マスコミの皆さん、この「パパの日」問題を取り上げても構いませんよ、てか取り上げて!有名になりたいんだ!


榎本俊二のカリスマ育児 (akita essay collection)

榎本俊二のカリスマ育児 (akita essay collection)

  • 作者: 榎本 俊二
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

川ガール [イラスト]

「川ガール」そんな造語を閃いた。
いいぞいいぞ、これはアレだ、川に行く女性が増えて、マスコミに「川ガールという呼び名を発案したのがこのブログです!」なんて紹介されて話題に!
その上微妙な絵が取り上げられて東関東一のブロガーに!
やばいなぁ、今の内にサインの練習とかしなくちゃだわ。
川ガール.jpg
とか思ってたら、もうネットで普通に使われてたわ。
くそう、真似しン坊め!


山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 信濃川 日出雄
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/09
  • メディア: コミック



コメント(0) 

堕落と墜落 [イラスト]

やー、堕落って怖いっすなー。
身を任せるとズルリズルリと色んなものが歪んでいって、気がつけばロクデナシになってしまうんです。
そうするってえと、居場所も段々と無くなっていって、収まるべき場所に収まるしかなくなってしまうのだ。
居場所.jpg
問題はその堕ちた場所に順応しちゃって居心地がよくなってしまう事だ、これぞ真のロクデナシなのだ。


TOKYO STYLE (ちくま文庫)

TOKYO STYLE (ちくま文庫)

  • 作者: 都築 響一
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2003/03/01
  • メディア: 文庫



コメント(0) 

爪を磨く [イラスト]

数年前、ジュースを買ったら爪磨きが付いてたんですわ。
表が粗めで裏が細かめのやつ、表で磨いて裏で仕上げるっていう。
で、何となくやってみたんですが、まあ、まあ熱中する、一心不乱にシュコシュコシュコシュコ、そして仕上がると爪がピカピカのツルツルになるんです、それが癖になってしまうんです。
ネイル.jpg
でも、爪が綺麗になればなるほど、ちょっとした事で爪に傷が付くのが気になってしゃーない、しゃーないんです。
そんな訳で今では磨く事は無くなりました、ナチュラルが一番ですよ、うん。


デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 6 (ビッグコミックススペシャル)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 6 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 浅野 いにお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/05/30
  • メディア: コミック



コメント(0) 

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る